アフターピルのアイピルは通販でも人気

アイピルは、通販でも非常に人気の高いアフターピルです。
性行為時に避妊を失敗してから24時間、または72時間以内に服用することによって、望まない妊娠を回避することができます。
アイピルは、アフターピルとして様々な国で使われているアフターピルです。
アイピルに含まれている成分が、一時的に身体の中のホルモンバランスを崩すことによって、女性の身体を妊娠しにくい状態にします。
その結果、避妊することができます。

避妊に成功したか否かの判断については、服用から2日から21日後に消退出血と呼ばれる生理に似た出血があれば、避妊に成功した可能性が高いと言えます。

アイピルはあくまでもアフターピルなので、毎日服用するタイプの避妊薬ではありません。
万が一、性行為の際の避妊に失敗した際に、緊急避妊薬として服用するものです。
アイピルは、避妊に失敗してしまった時のために用意している方も多いため、通販で購入される方も多く、非常に人気があります。

アイピルは、ノルレボのジェネリック薬として位置づけられ、緊急避妊薬としての効果も非常に高く、ノルレボよりも安価に購入することができる点が魅力です。
ノルレボと同様のレボノルゲストレルという女性ホルモンに似た成分がホルモンバランスに働きかけることによって避妊の効果を得ることができます。

ただし、アイピルもアフターピルであるため、副作用を完全に避けることはできません。
頭痛、目眩、倦怠感、吐き気などの軽度の副作用があることをしっかりと認識しておくことが大切です。
アイピルを服用後に吐いてしてしまうと、避妊の効果を得ることができない可能性があるため注意が必要です。
吐いてしまった場合には、再度服用する必要があります。
服用した後に、吐いてしまう傾向があるため、それを防ぐためには食後にアイピルを服用することが効果的です。
2時間以内に服用すれば95%の確率で、また72時間以内でも75%の確率で避妊に成功します。
いずれにせよ、時間が経つと得られる避妊確率が下がってしまうので注意が必要です。
そのため、用法・用量をしっかりと守った上での服用が大切です。

アフターピルは性行為後何時間後まで飲めば良い?

アフターピルは、基本的に、72時間以内に服用しなければ避妊の効果を得ることができません。
そのため、性行為後できるだけ早く服用することが望ましいとされています。
アイピルの場合には、性行為後72時間以内に1錠経口から服用します。
経口する際には、コップ1杯のお水、又は白湯で飲むことで適正な効果を得ることができます。
性行為を行った後、24時間以内であれば更に避妊効果が上がるため、失敗したらできるだけ早く服用するようにすることが大切です。

アイピルに含まれる成分(レボノルゲストレル)が女性ホルモンと似た働きをすることによって、妊娠しにくい身体の状態を作り出します。
そのため、性行為によって精子が着床し、卵子が受精する前にこの効果を得る必要があります。
もちろん、着床後であっても、卵子が受精するとは限りませんし、アイピルの効果によって、受精後でも着床しにくくすることができますが、受精前にアイピルによって避妊する方が確実です。

だからこそ、アフターピルは性行為後、できるだけ早く服用し、24時間以内の服用が望ましいとされています。
その後、72時間以内に服用すれば、確率は幾分下がりますが、避妊の効果を得ることはできます。
それ以降にアイピルを服用しても避妊の効果を得ることはできない可能性があるので注意が必要です。
性行為後できるだけ早くアフターピルを服用することが大切です。

避妊効果の高いアイピルですが、ホルモンバランスに急激な変化を与える避妊薬です。
そのため、女性の身体に与える影響も非常に大きいです。
常用することはできないため、アフターピルというのは、万が一のための避妊薬であることをしっかり認識する必要があります。

関連記事

ページ上部へ戻る