アフターピルの価格相場について

モーニングアフターピルとは、一言でいえば、「緊急避妊薬」のことです。
性行為で避妊に失敗した際に、72時間以内に服用することで、受精卵が子宮内膜の着床を防いで妊娠を回避することができる緊急避妊薬です。
正しい服用方法を守ることで、望まない妊娠を防ぐことが高い確率で可能となります。

アフターピルは、病気とは異なりますので自由診療となり保険適用外となります。
産婦人科などの医療機関で処方してもらうことが可能です。
しかし、自由診療のために保険適用外となり、医療機関によって価格は大きく異なります。
いくつか種類はありますが、価格の相場は診察料を含めて約7500円~20000円程度とされています。

医療機関が処方するアフターピルには大きく分けて2種類あり、ヤッペ法と呼ばれる2回服用タイプの中用量ピルと、緊急避妊用として開発されたノルレボ錠を服用する1回服用タイプのものがあります。
ヤッペ法タイプを取り扱っているところであれば、相場は7000円~1000円です。
ノルレボ錠タイプを取り扱っているところの相場は約15000円~20000円とされています。

ヤッペ法は、副作用が出やすいピルで吐き気や出血などが現れる方がいます。
ノルレボ錠は1回服用なので、副作用は出にくいと言われています。
どちらを服用しても、服用後に月経が起こるとアフターピルの効果が出たことになります。

また、アフターピルはあくまで緊急として使用することを目的としています。
産婦人科などの医療機関では予防薬としての処方はしていないので、日頃から自分の身を守るようにしておくことが重要となります。

やむを得ない理由でアフターピルを処方してもらいたい時は、ホームページを閲覧するだけではなく、事前に産婦人科などの医療機関に問い合わせて、金額を確認しておくと良いでしょう。
医療機関によっては、アフターピルの薬代と診察料や検査代を分けて価格を設定しているところもあるので、しっかりと調べておくと良いでしょう。

アフターピルを保険適用で入手する方法はある?

アフターピルは、病気やケガとは異なり、医療行為にもあたらないので医療機関での処方は保険診療適用外となります。
残念ながら診察料も薬代も全額自己負担となってしまいます。
従って、保険適用で入手する方法はなかなか難しいです。

しかし、インターネットなどでアフターピルを購入すれば、医療機関での処方金額よりも10分の一で入手することが可能です。
大手企業の個人輸入通販サイトであれば、バレないで購入することが可能と言われています。
ピルを購入するのは、その方によって理由は異なるので、入手しやすい状況にあるといってもよいでしょう。
日本のピルと効果も変わりなく、安心して服用できると評判です。
また、価格もかなりの低コストで手に入れることができます。

そのほか、保険適用で入手する方法として可能性があるのは、何らかの病気や疾患で産婦人科に受診した際に、多めにピルを処方してもらうことです。
緊急避妊薬として使用しているピルを、保険で処方してもらうことができれば、緊急時の服用方法に従って、服用することで避妊に失敗した際の対応が可能となります。
一度処方されると、病気が治癒した後は、バレないで服用することが可能です。

先にも述べたように基本的にはアフターピルの処方は、保険適用外です。
医療機関では全額自己負担となるので、お財布にも痛い出費となります。
どうしても、低価格でアフターピルを入手したいのであれば、手間がかかりますが個人輸入や保険適用のお薬で代用する方法となりますが、どちらにしても個人での判断となり、危険が伴うことも理解しなければいけません。

アフターピルは、服用するだけでも身体にも負担がかかるので、まずは性行為を行う際に事前に対応できる避妊方法をおこなうことがもっとも、安全な方法と言えます。

関連記事

ページ上部へ戻る